タピルージュ ワインクラブ"20"

2009年6月28日、7月2日

〜 初夏に香る白ワインの夕べ 〜

tapis rouge
2014.05.18
2014.02.23
2013.08.25
2013.05.19
2013.02.24
2012.08.26
フランス料理  タピ ルージュ
東京芸術センター20F
concept
lunnch
dinner
party
wine
reserve
access
2012.05.13
2012.02.19
2011.10.30
2011.08.11
2011.11.18
2011.04.10
2010.10.03
2010.06.27
2009.11.19
まさに梅雨真っ只中!にもかかわらず、今回も多くの方にご参加いただきまして誠にありがとうございました。
今年になってからのワイン会は1月の日本ワイン (甲州種を使った白ワインをメインとしました)、そして3月の5大陸ワインということでフランス本土から離れておりましたので、今回はフランスの白ワインのみを対象にしたワイン会を企画いたしました。

やはりワインといえば赤ワイン!特に飲む事がお好きな人ほどそのような印象を受けるので、今回は何とか”白ワインの魅力”をそして”フランスワインの魅力”をお伝えしたいと思いワイン会に臨みました。

お話ししたいことがたくさんあって少し焦ってしまい、少し言葉足らずになってしまった感はありますが、皆様に愉しんでいただけたようで何よりです。
mr_otto_&_inomata-san

今回、ワインを選ぶにあたって意識したことは2つありました。1つは品種の個性が良く出ていること、2つ目はミネラル感に富んでいることです。

”フランスのワインはラベルを見てもどんなワインかよく分からない”、と言われます。考えられる理由はラベルにはたいてい産地名しか書いていないからですね(ニューワールドワインは殆どのラベルにブドウ品種名が記載されています)。

そこで今回はまずブドウ品種を説明してブドウの香りや味わいといった個性を感じていただき、そしてそのブドウはフランスのどこで栽培されているのか、という順番で説明しました。

2つ目のキーワードはミネラル感です。良く使われる表現ですがなかなか感じるのは難しいですね。例えばミネラルウォーターという飲み物があります。まさにミネラルですね。有名なエビアンはフランスの天然水で、もちろんミネラルを含んでいます。一定以上のミネラルを含むと硬水と呼ばれているわけですが、その名の通り飲むと鉄!までは行かなくとも金属っぽい感触や味わいがありますね。コントレックスのような超硬水になるともう完全に水溶液!のような滑りまであります。
この様なミネラルウォーターがフランスで生まれる理由はその土壌に由来しています。良くブドウ栽培、特にワイン用のブドウ栽培には石灰質土壌が良いといわれます。これはワイン用ブドウの原産地が石灰質土壌だからという理由があるのですが、この石灰質の土壌は地表上には僅か7%しか存在しないそうです。しかしフランスでは実に国土の55%を石灰質土壌が占めています。良質なミネラルウォーターやミネラル感に溢れたワインが出来るのも納得ですね。

まず、今回の1本目に選んだワインはシャブリでドメーヌ セルヴァンという作り手のワインです。シャブリといえばフランスの白ワインを代表する産地で、キンメリジャンと呼ばれる石灰質土壌で有名、フリンティ(火打ち石)で活き活きとしたフレッシュなワインが造られています。時にすっきりし過ぎて物足りなく感じるシャブリもありますが、さすがセルヴァン!シャブリコンテストで金賞に輝いた作り手さんのワインは柑橘系のフレッシュな香りと微かにまだ若いパイナップルのようなトロピカルな香り、スッキリとした味わいですが果実味があり、しっかりと凝縮感のあるワインに仕上がっていてアペリティフとして申し分のない味わいだったと思います。

そして2本目はボルドー地方の白ワインを選びました。今回のテーマの1つである品種の個性がよく分かるようにソーヴィニヨン ブランというブドウを90%以上使って造られたワインを選びました(ボルドーでは赤ワインも白ワインもブレンドして造るのが伝統的なスタイルです)。
ハーブやライム、青草といった爽やかな香りとレモンジュースのようなシャープな酸が特徴的で、この爽やかさを前面に出して一躍有名になったのがニュージーランドのワインです。ボルドー地方ではブレンドをすることによってマイルドな味わいに仕上げるのが伝統的なスタイルですが最近ではニュージーランドと同じようなスッキリとしたワインも増えてきています。ということでハーブを使ったヒラスズキのタルタルと合わせて味わっていただきました。

3本目のワインはアルザス地方の白ワインでリースリングというブドウを使ったワインです。とても華やかな香りをもつブドウでドイツのワインにも欠かせない存在、特に女性の方にもとても好まれる品種ですね。伝統的なアルザスのリースリングは白い花や花の蜜の香りと共にとてもオイリーな香りを持っています。そして先程のコントレックスではないですが、口に含むとオイリーな食感とミネラルのある酸味、香りとは裏腹に辛口に仕上げられています。そして合わせた料理はフォアグラのテリーヌ、まさに王道ですがやはり外せない組み合わせです。

今回は温めたフォアグラをテリーヌ型に詰めて冷やし固めた本当にシンプルな料理をお願いしました。フォアグラの香りや味の奥深さをこのワインの香りやミネラル感が引き出して、とても美味しく頂けるのではと思い用意しましたが、皆様とても美味しいと喜んでいただけました。また、ワインだけ飲んだ時と、食事と合わせたとき(マリアージュ)の味わいの違いというものを多くの方が感じられて、「全然違いますね」「凄く合いますね」と好評でした。
N.V Cuvée Royale Brut Blanc de Blanc キュヴェ ロワイヤル ブリュット ブラン ド ブラン

4本目の最後に用意したワインはピュリニー モンラッシェという村の名前の白ワインです。アペリティフのシャブリと同じブルゴーニュ地方の村で、ブドウ品種もシャブリと同じシャルドネですが、その芳醇で甘く艶やかな香りはさすがに白ワインでも最高峰の産地の風格です。
作り手はニコラ ポテル、まだ若い方ですがとても良い作り手さんでこだわりのワインを造っています。
このワインも樹齢65年以上のブドウしか使っていないそうで、ナッツやカスタードクリームのような香りと共存するカチッと芯のあるミネラリーな味わい、伸びのあるきれいな酸味がとても品のある味わいに仕上げています。
 

この様にたった4種類、しかも白ワインのみですが、それぞれが非常に個性的な味わいを持っていて、多様性というかフランスの持つ懐の深さというものを改めて感じましたし、まだまだ皆様に楽しんでいただけるようなものがたくさんあるなぁ、という気持ちになりました。
今回も生憎のお天気にもかかわらずご参加いただきました皆様、ありがとうございました。また今回ご用意したワインも若干ストックがありますのでご興味がある方は是非、ご相談下さい。どうもありがとうございました。

ソムリエ 久保田 大介

wine photo
monthly wine
wine menu
wine club 20
2009.8.30,9.3, 〜コート•ダジュール 南仏プロヴァンスワインの夕べ
2009.6.28,7.2 初夏に香る白ワインの夕べ
2009.6.11, ポール ヴァンサン アリストン氏 来店05.12l
2009.5.12 マニュエル ジャニソン氏 来店22l
2009.3.22,4.6 五大陸ワインの夕べ
2009.1.25 世界が注目『日本のワイン』1.20l
2008.11.20 ボージョレヌーボーの夕べ2008
08.9.28 ブルゴーニュワインの夕べ
2008.7.13 太陽と自由の恵み カリフォルニアワイン
08.6.1 変わりゆくドイツワインの今
伝統とモダンのイタリアワイン
08.4.13 春と楽しむフランスワイン
ボージョレ ヌーボー
ジビエとローヌワイン
J.M.ウィンター氏来店imal
champagneの夕べ
ボルドーワインの夕べ
ファブリス・ロセ氏来店
J.M.ウィンター氏来店imal

採用情報